実話をもとに映画化

映画「奇跡のリンゴ」は、2013年に公開された、青森のリンゴ農家・木村秋則の実話をもと映画化された作品です。

 

あらすじ

時は70年代の青森県。
サラリーマンだった三上秋則(阿部サダヲ)は、リンゴ農園へ婿入りすることに。

妻の木村美栄子(菅野美穂)は、年に十数回もリンゴの樹に散布する農薬の影響で体調を崩してしまいます。

そこで秋則は、農薬を一切使わない無農薬のリンゴを作ろうとするのです。

しかし、それはあまりに非常識な考えでした。当時、無農薬でリンゴを栽培するなど絶対に不可能と言われていました。

農薬がなければリンゴはできない、無農薬なんて無理だとまわりに言われるも、チャレンジすることを決意した秋則。

義父の征治(山崎努)はその思いを受け、秋則の好きにさせます。

それから、秋則は無農薬での栽培に挑戦しました。 虫除けにならないかとさまざまな調味料などを使い、毎日リンゴの樹を観察する秋則。

最初は上手くいきそうになりますが、途中でやっぱりダメになってしまう。

征治の支援を受けて無農薬栽培に挑戦するが、案の定、何度も失敗を重ね、借金ばかりが膨らんでいくばかり。

次第に、まわりの農家からも孤立して見放されてしまいます。

結局10年掛けても成果はなく、とうとう秋則は死を決意して、首を吊ろうと山の中に入っていきます。

しかし、そこで見つけたのはくるみの樹でした。

誰も手入れをしていないはずのその樹は、 しっかりと成長しているのです。

そこからヒントを得た秋則は、家に戻り、再度無農薬に挑戦。そしてやっとのこと、無農薬のリンゴ作りに成功したのでした。

 

映画を見てみて

やっぱり諦めない事って大事ですよね。奥さんも素晴らしいですよね。普通なら、なかなかここまで待てないですよね。

私だったら、すぐに諦めて違う仕事しろ!って言ってしまうだろうな。。。

やっぱり目の前の収入は大事ですからね。もし私がこの状況になっていたら、今頃借金まみれになっていたような気がします。

たぶん、銀行のローンでお金を借りてやりくりしているだろうな…。≪※銀行お金を借りる

この無農薬のリンゴ、一度は食べてみたいですね。

全身の毛が多い、濃い!

毛深いと言っても厳密に言うと色々種類があると思いますが、私はとにかく太くて濃くて目立つタイプの毛深さです。

1番困っているのは、顔の毛が濃く、眉毛や髭など、剃った所が青く色が残ってしまうところ。化粧をしているときはコンシーラー、ファンデでしっかりとカバーするようにしていますが、すっぴんだとどこのおじさんだ?というくらい剃り跡が目立ってしまいます。夏場などはどうしても顔に汗をかいてファンデが取れてしまうことが多く、仲のいい友人にはその都度「口の上青くなってるよ」と忠告をしてくれ、感謝はすれど恥ずかしい思いを日々しています。

また、鼻毛もすぐに出てしまいます。どうやら鼻の入り口ギリギリまで濃い鼻毛がみっちり生えているらしく、また成長も早く、剃って3日とせずに鼻毛が出ていることもよくあります。出先で鼻毛が出ていることに気づくこともあり、ちょっとした外出でもカミソリを持ち歩かないと不安になってしまいます。極力毎日剃るようにしていますが、他の女の子たちはこんな苦労していないんだろうなぁと虚しくなることは多いです。

腕、足、脇に関してももちろん濃いですが、ここは多少剃り跡が目立ってもギリギリ許容される範囲かなと、なんとか自分を納得させています。ただ、「私最近腕とか全然剃ってなくて〜」とほとんど毛の目立たない腕を見せられると、悲しいような悔しいような複雑な気持ちになります。決して表には出しませんが…。

なによりもデリケートゾーンの毛深さについては、他人と話すような内容では無いので誰にも聞けず、どうせ自分は濃いのだろうと思いつつも誰にも相談できず、手入れの仕方もわからないままでいます。気を遣ってくれているのか男性から何か言われたことはありませんが、毛深いだろうという自負があるのでそういう雰囲気になっても局部を見せることに私自身抵抗があり、雰囲気を逃してしまったり、また負い目もあるので完全に身を任せられない気持ちになってしまいます。

何においても劣等感しか生まない、女性の毛深さ。悩みを打ち明けることすら恥ずかしいこのコンプレックスを、私は一生一人で抱えていくのかと不安になる日々を送っています。友達とそんな話をしていたら、とにかく脱毛に行くことを勧められました。私の住んでる仙台市の脱毛サイトも教えてくれたので、じっくり検討したいと思います。